根管治療

エダ歯科医院の根管治療

根管治療は、虫歯が神経まで達した段階で行います。神経が入っている「根管」は細くて複雑な形状のため、高い精度が求められます。根管治療では根管の中の虫歯に冒された神経や歯質を除去するのですが、肉眼で確認できない部分なので歯科医師の経験と勘に頼るところが大きくなるため治療を行っても虫歯に冒された神経や歯質が残ったり、根管の中を十分に除菌できなかったりすると虫歯が再発してしまうこともあります。

当院では患者様に痛い思いをしてほしくないという思いから、虫歯の再発がないよう、ルーペやラバーダム防湿を採用して根管治療を行っております。以前、虫歯で治療を繰り返した経験をお持ちの方もご相談ください。

精度の高い治療を行うために

ルーペを使用

根管は肉眼で確認できない部分なので、歯科医師の経験と勘に頼らざるをえません。そこで当院では治療精度を高めるために、ルーペを使い根管を拡大して見ながら治療を行っております。

ラバーダム防湿

ほとんどの方のお口の唾液中には虫歯菌が存在していて、歯ブラシの届きにくい所などは虫歯菌により虫歯が出来てしまうことがあります。そのまま進行すると虫歯は神経まで進み神経の治療(=根の治療)をしなければなりません。
神経の治療は根の中の神経を取った後、中を無菌的にし神経の代わりになるものを詰めて完了します。
では、神経の治療中に根の中に唾液が入ったらどうなるでしょう?
無菌的にするのは難しくなります。 そこで写真の様に、治療する歯にゴムシートを掛け、お口の中の環境と分けてなるべく清潔な環境で治療を進めて行きます。
治療の成績が向上することが考えられますね。これがラバーダム防湿法で、虫歯の治療にも応用が出来ます。ちなみにこの方法は100年以上も前にアメリカで考案されたそうです。当院では開業以来守り通している方法です。

根管治療の流れ

1 根管の長さの測定

根管の長さの測定

神経を取り除き、根管の長さを測定します。

2 根管の清掃

根管の清掃

根管の中の虫歯菌に冒された神経や象牙質などを徹底的に除去します。

3 薬剤充填

薬剤充填

根管を消毒した後、薬剤を先端まで流し込み密封します。

4 土台を入れ、クラウンを被せる

土台を入れ、クラウンを被せる

歯根の上に土台を入れ、クラウンを被せて治療します。

もう虫歯になりたくない方へ……虫歯にならないためのケアを始めましょう