審美歯科

美しさに重点を置いた審美歯科

虫歯治療では、虫歯に冒された部分を削り、そこを銀の詰め物や被せ物(いわゆる銀歯)で補うのが一般的だといわれています。しかし、「ギラリと光って目立つのが嫌」「見た目が気になって口を大きく開けたくない」「昔は気にならなかったけど最近気になる」という悩みを抱えてしまう患者様もたくさんいらっしゃいました。機能的には問題がなくても、見た目には大きな問題があったのです。

見た目の問題は審美歯科で解決しましょう

このようなお悩みを解消するのが、審美歯科です。審美歯科は、銀歯から白い補綴物(詰め物・被せ物)に交換するなど、歯の色や形を整えて自然に修復する診療メニューです。見た目と機能の両方を回復できるので、銀歯の見た目が気になっていた方や美しさを追求したい方からご好評いただいています。あなたも審美歯科をぜひご検討してみてはいかがでしょうか?

審美歯科のメリット

歯の色や形が整うことでさまざまなメリットが得られます。

  • 顔の印象が良くなる
  • コンプレックスを解消できる
  • 歯ブラシが行き届きやすくなり虫歯や歯周病の予防につながる

エダ歯科医院の審美歯科メニュー

当院では、ルーペを使用して丁寧な治療に取り組んでいます。以前、治療を繰り返した経験がある方も安心して当院までご相談ください。

審美歯科治療に使われる素材

※下記の料金は税抜き表記です。

オールセラミック(ジルコニアも含む)
【用途:詰め物、被せ物】

すべてセラミックでできた素材です。セラミックは質感に優れているので、他の歯と遜色のない見た目に仕上がります。
被せ物の場合、従来はセラミックの内側には補強のため金属を使用していましたが、より自然観を出すために(表現するために)現在ではジルコニアと言う硬いセラミックを金属の代わりに使うことができるようになりました。ジルコニアは歯の色に近い色をしているので、金属を内側に使うよりもより天然の歯に近い色を表現できます。

メタルセラミック(陶材焼付け鋳造冠)
【用途:被せ物】
ハイブリッドセラミック
【用途:詰め物、被せ物】

金属にセラミックを焼きつけた素材です。内部が金属なので強度が高く耐久性に優れており、奥歯に向いています。

セラミックと歯科用プラスチック(レジン)を混ぜ合わせた素材です。セラミックの欠けやすいというデメリットをレジンのしなやかさでカバーしています。

PGA(ゴールド)
【用途:詰め物、被せ物】
コンポジットレジン
【用途:詰め物】

PGA【用途:詰め物、被せ物】

白金加金の金属(ゴールドと白金を混合したもの)でできた素材です。見た目は白くはなく淡い金色をしていますが奥歯には一番安心して使える材料です。
※見た目は白くはありませんが比較のために記載しています。

歯科用プラスチック(レジン)でできた素材です。保険がきくので安価。軽度の虫歯など削る部分が小さい場合によく用いられます。歯の色に合わせて調色できるので見た目は自然です。

ファイバーコア【用途:被せ物の土台】

グラスファイバーでできた素材です。白い樹脂でできているので被せ物の美しさを損ねません。従来は金属製のものが主流でしたが、最近ではファイバーコアを選ぶ方も増えています。

ホームホワイトニング

歯を削らずに白くできる方法「ホワイトニング」。当院では自宅で行えるホワイトニング「ホームホワイトニング」を扱っています。専用のマウストレイに薬剤を入れ、それをご自宅などで装着して歯を白くします。効果には個人差がありますが、大半の方が約2週間で効果を実感できるようです。

自費診療料金表

ジルコニアクラウン ¥150,000~
オールセラミック ¥50,000~¥150,000
メタルセラミック(陶材焼付け鋳造冠) ¥120,000~
ハイブリッドセラミック ¥35,000~¥60,000
PGA(ゴールド) ¥40,000~¥90,000
ファイバーコア ¥20,000~

※オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ゴールドは、形、大きさ等タイプにより値段が違います。

キレイになったお口の状態を保ちたい方には予防歯科がおすすめです