歯周病治療

歯周病は気づきにくい病気です

歯ブラシや歯みがき粉のTVCMなどで最近よく耳にする歯周病。「知らないうちにかかっているかも?」「歯周病は歯を失う原因の第一位」といった情報が流れていますよね。ちょっと怖い話ですが、現に日本では成人の約8割が歯周病にかかっている(予備軍を含む)のです。

皆さん、歯周病は歯肉の病気と思っている方も多いと思います。歯周病は進行程度により大きく2つに分かれます。1つは歯肉炎、2つ目は歯周炎です。歯肉の炎症のみの場合は歯肉炎と呼びますが、歯周炎は歯を支えている骨が溶けていく病気です。(私たちは骨の吸収と呼びます。)歯周炎は骨が溶けていく病気ですので進行すると歯がぐらぐらしてきて抜歯になることもある怖い病気なのです。

これだけ多くの人がかかっているのに気づかない理由は、自覚症状に乏しいから。歯周病は痛みがなく進行していくので、かかっていたとしても本人が認識できないことが多いのです。あなたも気づかないだけで、もしかしたら歯周病にかかっているかもしれません。

歯周病チェックシート

症状に気づきにくい歯周病ですが、いくつかのサインがあります。以下をチェックして1つでも当てはまる方は一度ご相談ください。

歯周病の進行段階と症状について

健康な人には、歯と歯肉の間に1~2ミリ程の深さの溝(歯肉溝)があります。しかし、歯周病にかかると次第に深くなっていきます。

進行段階 症状

歯肉炎

歯肉炎

  • 歯ぐきが赤く腫れる
  • ブラッシング時に歯ぐきから血がでる

軽度歯周炎

軽度歯周炎

  • 歯ぐきの腫れがひどくなる
  • 口臭がキツくなる

中等度歯周炎

中等度歯周炎

  • 歯ぐきの腫れが悪化。赤紫に変色する
  • 歯を支えている骨が溶け始める
  • 歯がグラつき始める

重度歯周炎

重度歯周炎

  • 歯のグラつきが大きくなる
  • 歯が抜け落ちてしまう

全身にも影響がある?

全身にも影響がある?

歯周病は口だけの病気と思いがち。しかし、歯周病菌が口腔内の毛細血管を通じて内臓に侵入することで、下記のような悪影響をおよぼすこともあります。口だけの病気と油断せず、全身の健康を守るためにも早めに治療を受けましょう。

【例】
心臓疾患、糖尿病、低体重児出産、早産など

エダ歯科医院の歯周病治療

ルーペ(カールツァイス)を採用しています。

ブラッシング

ブラッシングは歯周病治療の基本中の基本です。歯周病の主な原因は、磨き残しの歯垢(プラーク)中の歯周病菌であることがわかっています。また、歯周病は歯周病菌により歯肉に炎症が起こることから始まります。
歯周病の1番大切な治療は、ブラッシングによる原因の除去!極端な例ですが、一生懸命歯科医院に通われて歯周病の治療を受けても、毎日のブラッシングをしていただけないとなかなか良くはなりません。ぜひご自分に合ったブラッシング方法を身に付けるためにお越しください。

スケーリング・ルートプレーニング

専用の器具を使って歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を取り除きます。

外科手術

歯周炎の進行度によっては手術が必要な場合もあります。

もし歯を失ってしまったら…

入れ歯が合わない・壊れてしまった方へ 入れ歯・ブリッジについて

入れ歯以外の治療法を検討したい方へ インプラントについて