荻窪にある歯医者エダ歯科医院 TOP > 入れ歯・ブリッジ治療

入れ歯・ブリッジ治療

入れ歯でお悩みの方、そのご家族の方へ

入れ歯の老人と家族

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
何らかの理由で歯を失った場合、通常はいずれか方法でかみ合わせや見た目を補わなくてはなりません。
その方法にはブリッジ、入れ歯、インプラントなどありますがそれぞれに利点と欠点があり、また治療の選択が可能な場合と、難しい場合があります。

その中で今回は入れ歯についてご説明いたします。
入れ歯治療は歯科医院としては日常的に行われている治療の一つですが、お口の中の状況によっては治療が難しく「入れ歯が合わない」「痛くて咬めない」等の事が起こってしまうことがあります。
当院ではそのような場合、理由がどこにあるのか、改善方法はあるのかなどを考え、お悩みを少しでも解決できればと考えています。
当院の院長は1988年に大学を卒業してから入れ歯治療に力を入れ、常に治療を行ってきました。
できうる範囲で改善できるよう努力いたします。入れ歯でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

入れ歯治療を受ける前に~他の治療との違いを知ろう!~

歯を失った場合の治療には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。それぞれのメリットとデメリットを知ってご自分にぴったりの治療を考えてみましょう。

  メリット デメリット

入れ歯

入れ歯

  • 治療期間が比較的短い
  • 歯を削る量が極めて少ない
  • 取り外せるのでお手入れしやすい
  • 治療費が比較的安価
  • 違和感を覚えることがある
  • 支えのためのバネが見えることがある
  • お口の中で安定せず歯ぐきに痛みを感じることがある

ブリッジ

ブリッジ

  • 固定型なので違和感が出にくい
  • 治療期間が比較的短い
  • 治療費が比較的安価
  • 自然に噛める
  • 支えとなる歯を削らなくてはならない
  • 支えとなる歯に負荷がかかる
  • 掃除が若干複雑になる

インプラント

インプラント

  • 歯を削らずに治療できる
  • 残っている歯に負担がかからない
  • 違和感が極めて少ない
  • 自然な噛み心地が得られる
  • 治療期間が長い
  • 手術を伴う
  • 治療費が高い

エダ歯科医院の入れ歯・ブリッジ

院長は、大学卒業後に補綴学教室に在籍しており、入れ歯やブリッジなどの補綴物(詰め物・被せ物)の治療経験が豊富です。尚、現在でも大学の学生実習に非常勤講師として参加をし、学生さんに補綴学を教えています。患者様のお口の状態とご要望をふまえて、適合する入れ歯・ブリッジをご提案させていただきます。どの治療法を選べば良いかお悩みの方はお気軽にご相談ください。

入れ歯

レジン床義歯

レジン床義歯

歯ぐきにあたる部分が歯科用プラスチック(レジン)でできた入れ歯。保険適用される場合もあるため、現在でも多くの方から選ばれています。

金属床義歯(コバルトクロム、チタン、金合金)

金属床義歯(コバルトクロム、チタン、金合金)

歯肉にあたる部分の1部が金属(コバルトクロム、チタン、金合金)でできた入れ歯。レジン床義歯に比べて高価ですが、強度に優れており薄く作れるので違和感が少ないのが特長です。熱が伝わりやすく食事をおいしく召し上がれます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

維持装置に金属の留め具を使わない入れ歯。やわらかい素材を用いているので違和感が少なく、歯ぐきにやさしいつくりになっています。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

磁石の磁力で固定する入れ歯。取り外しが簡単にできるのでケアがしやすいのが特長です。金属のバネを使用しないので自然な見た目に仕上がります。

入れ歯の作製ステップ

※実際にはお口の状態に応じて回数は変わります。※下記の作製ステップに掲載している模型などは同一患者様のものではありません。

1 1回目の型採り

1回目の型取り(下顎)

1回目の型取り(下顎)

1回目の型取りから作った模型

1回目の型取りから作った模型

当院では、精度の高い入れ歯をお作りするため、必ず院長が型採りを行い、診査診断のための模型を作成します。

2 2回目の型採り

1回目の模型から作ったその方専用の型取りトレー(下顎)

1回目の模型から作ったその方専用の型取りトレー(下顎)

2回目の型取り(この模型で入れ歯を作る)

2回目の型取り(この模型で入れ歯を作る)

下顎の模型(別患者)

下顎の模型(別患者)

1回目の型から作った道具でお口の中の精密な型採りをします。
※それぞれの患者さんのお口に合った道具(トレー)を作るので、それを用いて精密な型採りを行います。

3 噛み合わせの位置決定

噛み合わせの位置決定

噛み合わせの位置を決定します。このときに唇の張り具合や入れ歯装着時の表情なども確認いたします。

4 入れ歯のテスト装着

入れ歯のテスト装着

作製途中の入れ歯をテスト装着します。噛み合わせの位置や見た目なども含め、最終的なチェックを行います。

5 入れ歯の完成

入れ歯の完成

完成した入れ歯をお渡しし調整いたします。

6 調整

入れ歯に違和感が出た場合はすぐにご来院ください。適宜、調整させていただきます。

ブリッジ

ブリッジは、入れる場所の両隣の歯を削り、連なった人工歯を装着する治療です。固定式なので違和感なくお使いいただけます。見た目の自然なブリッジを製作することもできます。

オールセラミック(ジルコニア)ブリッジ

100%セラミックでできたブリッジです。見た目や質感に優れており、健康な歯と遜色のない自然な仕上がりを実現できます。

メタルセラミックブリッジ(陶材焼きつけ鋳造冠ブリッジ)

金属の土台にセラミックを焼きつけたブリッジです。セラミックの中では歴史が長く高耐久で内側が割れにくく、奥歯に向いています。

ハイブリッドセラミックブリッジ

セラミックと歯科用プラスチック(レジン)を混ぜ合わせた素材です。

PGA(ゴールド)ブリッジ

白金加金という高カラットな金合金を使ったものです。見た目は白くはなく淡い金色をしていますが、歴史が長く奥歯には一番安心して使える材料です。

保険のブリッジ

ご希望があれば保険の治療もいたしますので、お気軽にご相談ください。

自費診療料金表

入れ歯の料金

ノンクラスプ義歯 ¥150,000~
金属床義歯(チタン床) ¥350,000~
金属床義歯(コバルトクロム床) ¥250,000~
マグネットアタッチメント ¥80,000~

※義歯は設計により値段が変わります。また上記は、税抜き表記です。

ブリッジ・審美歯科治療の料金

ジルコニアクラウン ¥150,000~
オールセラミック ¥50,000~¥150,000
メタルセラミック(陶材焼付け鋳造冠) ¥120,000~
ハイブリッドセラミック ¥35,000~¥60,000
PGA(ゴールド) ¥40,000~¥90,000
ファイバーコア ¥20,000~

※オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ゴールドは、形、大きさなどタイプにより値段が違います。

※上記の料金は1本当たりの料金です。ブリッジは下記の料金×本数分となります。また、料金は税抜き表記です。

インプラント参考料金

インプラント埋入手術 ¥25,0000~
インプラント上部構造 ¥190,000~

※別途、CT撮影及び内科的検査の料金が発生する場合がございます。

入れ歯以外の治療法を検討したい方へ インプラントについて