一般歯科

虫歯について知りましょう

多くの人が経験している虫歯ですが、その原因や症状、治療法についてご存じの方は少ないようです。ズキズキとした痛み、キュイーンという機械音などで嫌な思いをしたことがある人も多いはず。また嫌な思いをしないためにも、このページで正しい知識を身につけましょう。

虫歯の原因

虫歯菌

虫歯菌

虫歯菌は食事等による糖質を餌にして酸を作ります。この酸によって歯が溶けていきます。

糖分

糖分

虫歯菌の栄養源です。口腔内に糖分が多いほど虫歯菌が増えていきます。

ブラッシング

ブラッシング

食事をしたら、きちんとブラッシングを行いましょう。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0

C0 【ごく初期の虫歯】

【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素(フッ化物)塗布で進行を抑制する事が可能です。

C1

C1 【エナメル質の虫歯】

【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、主にレジン(歯科用樹脂)を詰めて治療します。

C2

C2 【象牙質の虫歯】

【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)もしくはレジンで補います。

C3

C3 【神経まで達した虫歯】

【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4

C4 【歯根まで達した虫歯】

【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みがやわらぐことがありますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

※当院では小児の歯科治療も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

虫歯の再発をなるべく抑えるための取り組み

虫歯は再発することのある病気です。虫歯治療が終わった後でもメインテナンス(ブラッシング)が行きとどかないと詰め物の境から虫歯が再発することもあるので注意が必要です。
更に言うと、虫歯治療の最中に歯の中に虫歯菌が入り、虫歯が再発することもあるため、当院では可能な限りラバーダム防湿を行っています。ラバーダム防湿についてくわしくは根管治療をご覧ください。